後悔しないペット供養をするために~事前に形見について考える~

愛するペットとの残された大切な時間~飼い主だからできることを始める~ 愛するペットとの残された大切な時間~飼い主だからできることを始める~

ペット供養で残したい形見~ペットが生きている内に出来る事~

犬

ペットの死は人間よりも早く訪れます。ペットを看取ってあげるのは、飼い主が最後にしてあげられるお世話といえるでしょう。最後はちゃんとペット供養をし、ペットと別れを告げます。別れは辛いものですが、後悔しないように、ペットが亡くなった後もそばにいたことを感じられる形見を残しておいた方がいいです。

火葬で残るもの

ペットを火葬した後に残るものは骨だけです。それ以外の物はすべて消えてしまいます。ペットを飼っていれば、いつかペットの火葬をする日がくることでしょう。その時に、もっと形見となるものを残しておけばよかったと後悔する人も多いです。今、ペットが生きているのであれば、形見として残しておきたいものを決めておくと良いでしょう。そうすれば後々、火葬の場で後悔することもありません。

ペット供養のために形見を残す

ペットの形見として残せるものは、生前付けていた首輪や、一緒に遊んでいた道具だけではありません。ここでは、意外な形見をいくつか紹介します。

ペットの形見としてどんなものを残すことができますか?
ペットのヒゲや体毛などを残せます。ペットの毛の一部をカットして、手元に残しておきましょう。他にも、ペットの爪や足跡も残しておくと良いでしょう。これも、ペットの生きた証としてずっと残しておくことができます。体毛や爪、ヒゲなどは、今のうちから取って保管しておくなどしておけば、形見を残し忘れるということもありません。
形見を綺麗に残すにはどうしたらいいですか?
ペットの形見といっても色々な種類があります。例えば、ペットに使用していたリードや身につけていた衣類や鈴なども、形見として残す人もいるのです。ペットと一緒に過ごした時間の中で、一緒に共有した物や、印象に残っている物、ペットが好きだったものなどが形見として残す価値があるものといえるでしょう。この他にも、ペットの毛の一部を使いペンダントやぬいぐるみを作成してもらい、形見を作ることができます。

形見を残すということ

ペットの形見として遺骨を身につけることや、持ち歩くことは良くないという話を聞いたことがある人も少なくありません。しかし、悪いことではないのです。中には、ペットが亡くなったことに対して敏感な飼い主もいるでしょう。そういった人に対しては、辛すぎると感じるかもしれません。しかし、形見を持っていることで、そばにいるような安心感を覚えるようであれば、気にすることはないといえるでしょう。自分がしたいと思える方法を選ぶことが一番なのです。

ペットの最後を迎える前に~飼い主とペットの両方を癒す供養法~

女性と犬

ペットの寿命は人と比べると非常に短いです。人間は犬や猫の何倍もの長い時間を生きます。ですから、ペットを飼えば、高い確率で人間がペットを見送る側に立つのです。ペット供養をちゃんと行なうためにも、ちゃんと準備をしておきましょう。

ペット供養に必要な準備

余命が残りわずかとなったペットの、形見を残すことも大事です。そしてそれ以外にも、飼い主にはやるべきことがあります。

形見を残しても、肝心のペットがしっかり弔われないと意味がありません。(30代/ペット供養業者)

ペットの形見を残すという作業は、いわば終活をするのと同じことです。ペットにも突然死という可能性がある以上、今のうちから良い業者を探しておくことが大切となるでしょう。まだペットが生きている内に、ペットの葬式のことを考えるのは嫌なことです。しかし今の内にしか、ちゃんと業者探しもできないので探しておいた方がいいでしょう。

ペットの死後を考える

今生きているペットにしてあげられる時間は、限られています。まだ生きている内に、形見を残すために行動をし、ちゃんとペット供養してくれる業者を見つけておきましょう。この行動をするだけでも、来るべき時に備えて心の準備をすることができます。

TOPボタン